司法書士

司法書士

司法書士は、年収1300万円を稼ぐのも夢ではない資格ですが、司法書士として就職するには相当の努力が必要です。


司法書士の試験は、年齢や学歴を問わず受験可能なので、誰でもチャレンジできます。


資格を取得して、就職した後の仕事の基本はもちろん法律なので、法律用語などに慣れていない人には、学習していくのは結構大変です。


司法書士は、試験の合格率が2パーセント台という超難関です。


合格している人の年齢を見ると、30歳前後の人が最も多くなっています。


頭の回転のスピードにプラスして、スタミナも同時に必要とされる資格と言えますね。


司法書士の試験は、範囲がとても広いので、独学で勉強するよりも、専門のスクールで勉強するほうが効率的です。


実務経験を積む、専門学校に通うか通信教育で勉強する、それらの2本立てで学んでいくぐらいの意欲が必要かもしれません。


司法書士の試験に合格しても、すぐに開業できるわけではありません。


約2ヶ月間の研修を受けた後に司法書士会に入会します。


司法書士の事務所で実務経験を積んだあとに、ようやく独立することが可能となります。


将来の独立開業を目指すのであれば、この事務所に勤めている期間に、司法書士としての実力を磨きながら、取引先となる人脈をつくるいくことが、重要になってきます。


司法書士は、会社の設立、不動産を売買する際の登記の代理、裁判所に提出する書類などを作成するのが主な仕事となっています。


また、法務大臣が指定した法人の研修を修了し、認定を受ければ、訴訟代理や法律相談といった弁護士に限られていた業務を司法書士が行えることになりました。

posted by 資格大学通信教育 at 16:25 | 就職に役立つ資格

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。