行政書士

行政書士

行政書士は、以前「カバチタレ!」という行政書士が活躍するテレビドラマがあって、それで一時期ブームになりましたね。


行政書士の業務は、以下のような内容があります。


●官公署に提出する書類、権利義務に関する書類、事実証明に関する書類の作成

●官公署への提出手続きの代理、契約書類などの代理人としての作成、相談業務


例えば、営業許可申請書や建設業許可申請書などを作成し、提出の手続きの代理を行なうことも含まれます。


こうした申請書の作成以外には、手続きの中で必要となってくる添付書類を集めて、要件をチェックするといったことも行います。


最近では、依頼者からの相談を受け、アドバイスをするなどのコンサルタント的な業務も多くなってきています。


扱う分野も多方面にわたっているため、行政書士には、業務に必要な法律の知識はもちろん、きめ細やかな処理能力が求められます。


近年、許可事項の数が増え、手続きもより複雑化してきている状況なので、官公署向けの書類作成のプロである行政書士の役割はますます大きくなっています。


行政書士として独立開業するには、まず行政書士事務所や法律事務所などに就職し、そこで業務経験を積みながら、人脈づくりを行ってから、という形になります。


自分で事務所を開きたい場合は、都道府県の行政書士会に申請して登録を受ける必要があります。


行政書士は一生有効な資格なので、試験に合格して登録さえしておけば、いつでも開業することができます。

posted by 資格大学通信教育 at 19:00 | 就職に役立つ資格

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。