公認会計士

公認会計士

公認会計士の主な仕事は、企業の財務書類の適正さを見る監査業務や、経営面でのアドバイスをするコンサルティング業務などがあります。


このうち監査業務に関しては、公認会計士の独占業務とされ、第三者的な立場から、企業の財務諸表を監査、証明する役割を担っています。


さすがに難関資格と言われるだけあって、取得後3年間従事した場合の年収は、およそ1000万円と言われています。



就職や転職、将来の独立・開業のために公認会計士の資格を取得しようと勉強している人も多いと思いますが、公認会計士の資格試験の制度はだいぶ変わってきています。


以前は、1次試験から3次試験まで合計5回の試験に合格する必要があり、合格率10パーセント以下という難関試験でした。


2次試験に合格すると、公認会計士補となり、その後規定数以上の監査業務を行ってから3次試験を受けて、公認会計士となる、という流れでした。


これが平成18年からは、2次試験に相当する2回の試験に合格し、その後2年以上の業務補助と実務実習を行ない、統一考査を経ることで公認会計士として登録できるようになりました。


論文試験については、一度合格した科目を申請すれば、2年間は試験が免除されることになっています。



こうした試験制度の改正は、公認会計士の社会的ニーズの増加に伴って行なわれました。


試験制度が改正されたことにより、受験者の合格率が上がり、また、公認会計士に登録するまでに要する時間も短縮されるので、今後、公認会計士の絶対数が増加していくことが予想できます。


したがって、公認会計士を目指している人には、ライバルも増えますが、チャンスが広がったと言えると思います。

posted by 資格大学通信教育 at 16:32 | 就職に役立つ資格

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。