弁理士

弁理士

主に特許出願の仕事をする弁理士は、法律系の国家資格の中でも人気が上昇しています。


合格率は年々上がってきてはいますが、難易度が高いのは間違いないので、一度で合格する人は多くはいません。


合格者の平均年齢は30代半ばで、3〜4回の受験で合格という人が多いようです。


働きながら受験する人が多いと思いますが、2〜3年ぐらいの勉強が必要となりますので、強い気持ちが必要です。


弁理士の具体的な仕事内容としては、新しい商品などを発案した人から依頼を受けた時に、以前同じような考案が出されていないか、特許を出願してちゃんと利益が得られるのか、などを調査して、必要な書類の作成と特許庁への出願を行ないます。


また、ニュースなどでたまに目にしますが、最近は海外を中心にコピー製品による被害などが問題になっており、こうしたものからクライアントの財産を守る知的財産権の保護も大切な仕事となっています。


弁理士は、弁理士事務所に就職するのが一般的ですが、こうした事務所で働きながら弁理士の資格取得を目指している人も多くいます。


また、弁理士事務所ではなく、大手メーカーの知的財産部門や特許部などに所属して、企業内弁理士として働く人もいます。


こうした弁理士は、国内外を問わず、企業側の自衛のためにも今後ますますニーズが高まってくると思います。


もちろん、弁理士事務所やメーカーなどで経験を積んでから、独立開業も可能です。

posted by 資格大学通信教育 at 14:15 | 就職に役立つ資格

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。