気象予報士

気象予報士

気象予報士は、テレビを見ていると必ず目にする資格といっても過言ではありません。


天気予報コーナーなどで、気象予報士が天気を解説している場面をよく目にしますね。


気象予報士は、他の国家資格に比べてまだまだ新しい資格です。


それにも関わらず、多くの人が気象予報士という資格を知っているのは、この資格ができた時に、主にテレビで活躍していたお天気キャスターの人たちが資格を取得した結果といえます。


気象予報士は、気象庁から提供される数値予報結果や気象衛星、気象レーダー、アメダスなどのさまざまな観測データを総合的に判断して予測業務を行なうのが主な仕事です。


気象情報は、流通、レジャー、船舶、建設など、情報を必要とする人たちのニーズに応じて加工して提供されます。


気象予報士としての就職先は、民間の気象会社や気象庁の職員、お天気キャスターなどがあります。


ただ、民間の気象会社の新規採用はそれほど多くなく、気象庁職員も絶対数は少ないようです。


天気予報を仕事にしたいという意志が強い場合は、国家公務員試験を経て気象庁に入るのがベストかもしれません。


また、テレビやラジオなどで天気予報を担当するには、アナウンサーとして局入りするか、タレント性のある民間気象会社に就職することが前提となります。


気象予報士は、知名度が高い割には、それを仕事にするというのはなかなか難しいと言えそうです。


実際、合格者の多くがペーパー気象予報士となっています。


中には話題作りのために受験する人もいるようですが、合格率が4パーセントという難関ですから、軽い気持ちでは合格できません。
posted by 資格大学通信教育 at 14:00 | 就職に役立つ資格

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。