秘書技能検定

秘書技能検定

秘書の仕事は、上司のスケジュール管理や来客への対応に加え、文書の作成や管理、事務処理など、非常に幅広い内容です。


そのため、秘書には、関係する人たちと円滑に接することのできる協調性や的確な判断力が求められます。


秘書の仕事は、女性ならではの細やかさが活きる仕事と言えます。


秘書として働くのに有利な資格として、秘書技能検定があります。


略して秘書検定や秘書検などとも呼ばれています。


秘書技能検定は公的資格で、3級、2級、準1級、1級の段階があります。


合格率は、3級がおよそ70パーセント、準1級と1級ではおよそ25パーセントとなっています。


秘書として就職している人は、2級以上を取得している人が多くなっています。


準1級・1級を持っていれば、転職や就職に有利といえます。


秘書技能検定の合格者は、一般常識やマナー、言葉遣い、気配り、パソコンなどのIT機器の知識などが身に付いています。


どれも社会人として一般的に求められている知識ですので、どの業種にも対応できます。


秘書検定は、2級までなら独学でも取得可能ですが、準1級と1級の試験は難しく、通信講座や専門のスクールなどで勉強した方が効率的です。


また、準1級の試験からは面接試験も加わってきます。


面接試験では、実践的な力を見るために、面接官が指示する状況に対して受験者が応対の演技をするロールプレイング審査が行なわれます。


普段から社会的なマナーや言葉遣いに気をつけて振舞う習慣が大事です。

posted by 資格大学通信教育 at 17:17 | 就職に役立つ資格

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。