CPA(米国公認会計士)[受験資格]

CPA(米国公認会計士)[受験資格]

CPA(米国公認会計士)[受験資格]

■CPA(米国公認会計士)の受験資格

原則として4年制大学卒業に加えて、会計やビジネス関連の単位を各20数単位ずつ求められます。
ただし受験条件は州により異なっていますので、会計単位などを何単位必要とするかは、州別に確認が必要となります。
また、中には4年制大学を卒業していなくても受験可能な州もあります。
各州の受験条件の詳細は、資料にてご確認ください。
なお、会計単位などが不足していても、学校で米国の大学単位を取得できるプログラムが用意されているところもあります。


○資格の概要 → CPA(米国公認会計士)[資格の概要]
○試験概要 → CPA(米国公認会計士)[試験概要]
○通信講座 → CPA(米国公認会計士)[通信講座]
posted by 資格大学通信教育 at 21:50 | CPA(米国公認会計士)[資格試験情報・通信講座]

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。