CPA(米国公認会計士)[資格の概要]

CPA(米国公認会計士)[資格の概要]

CPA(米国公認会計士)[資格の概要]

■CPA(米国公認会計士)資格の概要

CPA(米国公認会計士)とはCertified Public Accountantの略で、アメリカの公認会計士資格です。
CPAは、アメリカでも医者や弁護士と並ぶ大型資格で、非常に社会的ステータスの高い資格です。

ライセンスを取得すればアメリカで公認会計士事務所を開設することも可能ですが、日本人の取得者の多くは日本国内でそのスキルを活かして仕事をしています。
特に外資系企業や会計事務所、コンサルティングファームなどで高い評価を得ることができます。
これらの企業への就職・転職の際には、MBAとほぼ同等のプラス評価を受けられるケースもあり、非常に有効かつ知名度の高い資格です。


○受験資格 → CPA(米国公認会計士)[受験資格]
○試験概要 → CPA(米国公認会計士)[試験概要]
○通信講座 → CPA(米国公認会計士)[通信講座]
posted by 資格大学通信教育 at 21:54 | CPA(米国公認会計士)[資格試験情報・通信講座]

資格で転職.JPG

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。