【このカテゴリの記事一覧】
 ▲保育士

保育士

保育士

保育士は、特に女性に人気のある資格です。


子どもが大好きな人には、まさにピッタリの職業と言えますね。


子どもたちと関われる仕事はいろいろありますが、それらの道を選ぶのなら、まずは保育士の資格を取得するのが近道と言えます。



保育士は、以前は保母さんと呼ばれており、今では男性の保育士さんも見かけるようになりました。


子ども達にとっては、とても頼もしい存在となっているみたいです。



保育士の基本的な仕事は、保育園や託児所、一時預かりなどに通う子どもたちに、「食べる」「着替える」「排泄する」などの基本的な生活習慣を習得させることです。


また、障害を持つ子どもたちを預かる福祉施設などで、子どもたちの日常のお世話をすることもあります。



女性の社会進出により、早くから保育園に通う子どもが増えたり、あるいは企業内にも託児所を設けているところもあり、様々な場面で保育士の資格を持っている人が求められています。


保育士の就職先としては、保育園以外でも、例えばレジャー施設やデパートの一時預かり所などもあります。



保育士の資格を取得するには2つの方法があります。


ひとつは厚生労働大臣の指定する養成所を卒業する方法で、所定の単位を取って卒業すれば、保育士の資格を得ることができます。


もうひとつは、都道府県が実施する保育士国家試験を受けることです。


試験は8科目が出題され、3年間のうちに(3回の受験で)8科目全てに合格しなければなりません。


保育士国家試験に合格したら、都道府県の備える登録簿に登録する必要があります。

posted by 資格大学通信教育 at 23:15 | 就職に役立つ資格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。