【このカテゴリの記事一覧】
 ▲ホームヘルパー

ホームヘルパー

ホームヘルパー

福祉系の資格として代表的なものがホームヘルパーです。


ホームヘルパーは、介護保険制度の導入などで、注目を集めました。


テレビCMなどでも取り上げられることが多いので、知らない人の方が少ないと思います。



介護の現場では、ホームヘルパーの資格を持っている人が必要であるのにも関わらず、常に人手不足の状態が続いています。


求人広告などでも、老人ホームや障害者施設での介護職員としてホームヘルパーの資格を持っている人が求められています。


常に人手不足ということは、ニーズがあると同時に、介護の現場の離職率が高いという実情もあります。


ホームヘルパーの資格を取得するには、学歴などの条件はなく、誰でも養成研修を修了することで取得することができます。


ホームヘルパーの研修には3級から1級までがあります。


これは2級からの受講も可能なので、だいたいの人が2級から取得しているようです。


就職するにしても2級以上を求められる場合が多いので、2級は持っていたほうがよいと思います。


ホームヘルパーの研修を受ける人には、再就職を目指す主婦の方や、自分の親の介護の勉強のためにという方、また介護タクシーの運転手として必要な知識・技術をつけるために、という方もいるようです。


介護の技術や知識というのは、必ず役に立つ場面が出てきます。


今後、ホームヘルパーのニーズは、ますます増えていくことと思います。
posted by 資格大学通信教育 at 22:01 | 就職に役立つ資格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。