【このカテゴリの記事一覧】
 ▲介護福祉士

介護福祉士

介護福祉士

日本は高齢化社会を迎え、福祉の分野での求人が増えてきています。


福祉分野で働きたい場合に取得しておきたい資格が「介護福祉士」です。


介護福祉士は、ケアワーカーとも呼ばれています。


主な仕事の内容としては、お年寄りや障害者の自立を支援するため、食事、入浴、着替え、排泄などの身の回りのお世話をすることです。


介護福祉士には、こうした身体的な援助にとどまらず、精神的にも心のよりどころとなるような人間関係を築いていくことも大切な要素となってきます。


そして、介護する家族の支えとなれるよう、家族に介助方法をアドバイスしたり、介護についての相談にのってあげることも必要です。


こうした福祉の仕事を志す人には、福祉分野の高校や専門学校、大学を卒業して福祉施設へ就職する人や、子育てがひと段落してから勉強をして介護の仕事に就く人などがいます。


お年寄りや障害者の生活を援助する介護という仕事は、いったん家庭に入って仕事から離れてしまった主婦でも再就職がしやすい分野であることも、福祉人気の理由のひとつかもしれませんね。


介護福祉士として働く場は、老人ホームや障害者施設、リハビリテーションセンターや、病院などの医療機関などが挙げられます。


現在、福祉施設で仕事をしながら介護福祉士の資格取得を目指している人も多くいますが、実際には資格取得が手当のアップになかなかつながっていないという実情もあるみたいです。


しかし今後の介護報酬の増額や、ますます進む高齢化社会のことを考えると、将来性の高い資格であることは間違いないでしょう。


介護福祉士の資格を取得するためには、福祉系の高校を卒業あるいは介護業務を3年以上経験して国家試験を受けるか、介護福祉士養成施設を卒業するか、の2通りの方法があります。


試験は、筆記試験の後に実技試験が行なわれます。


介護福祉士の合格率は45パーセント前後となっています。

posted by 資格大学通信教育 at 21:47 | 就職に役立つ資格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。