【このカテゴリの記事一覧】
 ▲税理士

税理士

税理士

税理士は、税務関係のスペシャリストとして知られています。


独立開業や会計事務所に勤務したり、あるいは企業内税理士として金融機関で働いたり、といった形態があります。


独立開業の場合は、自宅を事務所にして、兼業主婦をしている女性の税理士もいらっしゃいます。


税理士の仕事の内容は、個人や法人からの依頼を受けて税金の申告・不服申立・税務調査の立会いなどの税務代理業務を行ったり、税務署に提出する書類を作成したり、税務相談や経営のコンサルティングを行ったりします。


税理士の試験はかなりの難関ですが、合格科目をプールすることができます。


つまり、一度に全科目に合格しなくてもよい、ということです。


税理士試験では、11科目のうち必修の科目を含む5科目に合格することが求められています。


したがって、例えば5年で税理士になる計画を立て、1年に1科目ずつ勉強して受験し、1科目ずつ合格していくのもひとつの方法です。


もちろん、一度に5科目受験してもよいのですが、多くの人は3〜5年かけて取得するようです。


勉強量も多いですから、1年で全てに合格する人はそれほど多くありません。


また、企業に就職して、働きながら税理士試験にチャレンジする人も少なくありません。


会社によっては、1科目でも合格すると報奨金が出るところもあり、評価も高くなります。


株式投資やFX、ネットオークションなどが広がり、誰もが節税に関心を持っている世の中ですので、税理士として独立してがんばれば、高収入も夢ではない仕事と言えるでしょう。

posted by 資格大学通信教育 at 11:13 | 就職に役立つ資格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。