【このカテゴリの記事一覧】
 ▲社会保険労務士

社会保険労務士

社会保険労務士

資格を取得して、就職や転職に活かしたい、今働いている企業でのキャリアアップのために、あるいは、将来独立開業したい、など目的は人それぞれですが、社会人の中で人気のある資格に「社会保険労務士」があります。


企業内で社会保険労務士として活躍する場合は、労働保険や社会保険関係の書類作成と提出の事務を行なったりします。


独立開業する場合は、個人や企業の事業主から依頼を受けて保険関係の書類作成をしたり、事業主に対して年金や保険に関するさまざまな相談やアドバイスを行なったりします。


したがって、社会保険労務士には、人間関係を円滑に築ける協調性も必要になってきます。


女性らしいソフトな対応が社会保険労務士に適していることもあって、試験の合格者のうち3割ほどを女性が占めています。


難関と言われる国家資格の中で、社会保険労務士は女性の合格者が多くなっています。


合格率はおよそ1割弱と、決して易しくない試験ですが、受験者数、合格者数ともに年々増加してきているようです。


難しい試験であるにも関わらず、受験者数が増加している背景には、保険や年金の知識が今後必要な知識になってくるという理由もあると思います。


社会保険労務士の資格取得までに必要な勉強時間の目安は、およそ800時間と言われています。


仕事をしながら独学で勉強して試験にチャレンジする人もいますが、受験者の多くは何らかの予備校に通ったり、通信教育を受けたりしています。


継続して勉強する精神力と体力で、独学で合格を目指してもよいですし、時間的・経済的に余裕があれば、予備校に通ったり、通信教育を受講して、効率よく学習していくのもよいと思います。

posted by 資格大学通信教育 at 20:00 | 就職に役立つ資格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。